えちまにはかた

2018/03/06

冬の北海道旅 2日目 ワカサギ釣りと感動の再会



8時ピックアップ。今日は朝からワカサギ釣り。
厳寒体制だ。

迎えに来てくれたのはネパール人のミン。 チトワン出身だとゆう。
日本に来て7年。夏はラフティング、冬はワカサギ釣りのガイドをしている。
日本は暮らしやすい、働き甲斐もある、とゆう。
うれしいね。頑張ってほしい。

ネパールへは二回行った。ネパールの話に花が咲く。 又行きたくなった。



氷点下10℃近い。
でもテントの中はあったかい。灯油のストーブがある。
でも氷点下だろう。雪が中まで降りこんできてる。


大きいのがかかって大喜びしたら、これはワカサギじゃないとゆう。
ウグイなんだって。食べられないんだって。


揚げたての天ぷらを食べた。


金山湖。これ湖の上なんだよね。


スノーモビルに乗りたいかと聞く。もちろん!
後ろに乗せてくれるのかと思ったら、勝手に一人で乗っていいと。


これ楽しい! 一台欲しい!
奈良のどこで乗る・・・?
こんなの乗ってコープにお買い物に行きたい。


又やってきた、糠平温泉郷。
タウシュベツ展望台へ。
道は雪に埋もれてる。でも、物好きはいるもんだ。踏み跡がある。


踏み跡がない所は、ずぼずぼ入ってしまう。
抜こうと反対の足に力を入れると、又はまる。大変だ。


見えた。
ここは特にヒグマがよく出るところだ。
二年前の夏、おびえながらここまで歩いた。
どうして、壊れかけた古い橋梁にこんなに心をひかれるのか・・・


ツララ? こんな氷でも青く見えるもんだ。
スイスでもオーストリアでも、氷河は青かった。
それにしても、こんなに凍ってるなんて。
2日前は、奈良で半そででテニスをしていたとは・・・日本も広いな・・・


幌加駅跡。除雪してないから行けないと。
いやいや、ここにも物好きが来ている。踏み跡を見つけた。鉄男かな・・・


ズボズボはまりながら近づくも、雪に埋もれて駅がどこかわからない。
あ?! こんなところにポイントレバーが! 誰かが見つけて掘って先だけ見えてる。
この下に線路がある!


これは二年前の夏。
ポイントレバーをガチャガチャ動かすと、線路がちょっと動いた。
この辺り一面が2m近い雪に埋もれてるんだ。





糠平温泉郷YH.
お姉さま方とゼンちゃんと感動の再会!
北海道で三度目のおもしろ旅。
とにかく、話したいこといっぱい、聞きたいこといっぱい! しゃべるしゃべる。
ほんとにすごい人たち。北海道から三日後に帰ったら、すぐにベトナムへ行くとゆう。

とよ子姉さん、イカナゴのくぎ煮を送ってくれたので、さをりの帽子をプレゼントした。
とよこ姉さんが首にまいてたスヌード。「いいねえ、おしゃれ~」と言ったらくれた。
ふく姉さんは、パンやお菓子のエキスパート。「このクッキーおいしい~」と言ったらくれた。

言ってみるもんだよ。又お二人に、なんか作ってお送りする楽しみができた。





ユースなんて、若い人が泊まる所だと思ってた。
いやいや、なかなかのもの。食事はおいしい、部屋もきれい、お風呂は源泉かけ流し。
一泊二食で6500円。
これからの旅では利用しよう。

明日とあさっては又一緒に遊べる。
あの人達といると、うれしくなる。私はまだまだ遊べる、ってね。

死ぬまでお付き合いしたい人たちだ。

明日は朝からスノーシューでタウシュベツを見に。楽しくなりそう。


ブログランキングに参加しています。 
下の手織りのマークをポチッとクリックしていただけたらうれしいな♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ

0 件のコメント:

コメントを投稿