えちまにはかた

2019/09/22

北海道4日目  知床クルーズ船に乗る

結局、昨日はアミノバイタルとポテチだけで、昼ぬきだった。けど夕食バイキングでしっかり食べ過ぎた。

バイキング会場で、ウェイトレスさんのほとんどが外国人だ。中国人が多いかな。
ジンギスカンの大黒屋でもインド、ネパールっぽい従業員が何人もいた。

観光客も働く人も外国人。
観光客はおカネを落としてくれる。
人手不足を補うためにも、外国人労働者は必要だ。
これでいいんだ、と思いながらも、なんとなく違和感…

4日目の朝、バイキングの朝食を済ませ、ゴジラ岩観光へ、もしかしたら、午後のクルーズが空いてるかも。
15:30が空いてた。相泊クルーズじゃないけど、ま、いいか。

それまで時間がある。羅臼へ行こう。
知床横断道路で知床峠へ。


羅臼岳見えてる! そうか海に近いから雪なんかないんだ。登れたじゃん。
登山情報を確かめもせずに。ちょっと後悔。



でも昨日も宿に着いたのは18時。
ちょっと疲れてはいたか。

今回は台風が来るけど、羅臼岳に登るためにはウトロに3泊しないとダメだ。
お天気もある。
2泊で間の1日で登ろうなんて無理だ。


羅臼へ下って相泊へ。
ルサフィールドセンター。へえ興味深い。

これをやるのがめーちゃん。
鳥はこわいけど、鳥になるのはこわくないのだ。これだけ着ると暑いよ。







ルサ川を鮭が遡上する。ヒグマも出る。ヒグマは釣人が釣った魚を狙う。
いかにもヒグマが出そうだよ・・・





鮭だ! いっぱいいる!
登り口は狭くて浅いから順番待ちだね。
ちゃんと並ばないどこかの国の人よりエライね。




相泊。ここで行き止り。先へ行く道はない。
礼文島の船泊へ行く道に似てた。最果て感するよ。





ここから知床岬まで歩く人がいる。
こわい…ヒグマの密集地帯だ。



最近、イルカやトドの死体が漂着することが多くて、それを食べにヒグマが海岸に出てくるらしい。
羅臼は海岸線の集落の裏に全て柵がある。
電柵もある。
ヒグマが村に降りてきては困る。


瀬石温泉。セセキとゆうのは地名らしい。
7、8月の干潮時のみ使用可能。
これはちょっとキビしい。丸見えだよ。
野生味あるけど…




Dくんのゆう通り、惣万商店で羅臼昆布を買う。湯豆腐おいしくできるかな。


「クジラが見える丘」
クジラは見えないけど、国後島がはっきり見えた。どうみてもあれは日本の領土だよ。
国後島でかい。そりゃそうだ。知床半島よりずっとでかい。

北朝鮮を筆頭に、ロシア、中国、韓国…
日本の周りの国って、みんなおかしいよ。


羅臼灯台。
背が低くて、なんかかわいいね。





知床横断道路をウトロに戻って、クルーズ船に乗る。2時間ひとり5500円。
確かに寒い。でも気持ちいい。
何度もここへ来て、一度は乗らないとな。



フレペの滝を下から見る。
「乙女の涙」に「男の涙」か、なるほどな。
確かにすごい海岸線だ。
福井の蘇洞門めぐりとはちょっと違うな。




象岩。象に見えなくもない・・・


知床岬がはるか遠くに見えた。行ってみたい。歩いて・・・こわい・・・




ここが知床岬に一番近い番屋。
漁師さんとヒグマとの共存・・・?! 
テレビで見たことある。漁師さんが網の修理をしてる後ろをヒグマが歩いてた。



あんなに、遠くを目を凝らして必死で見たことないよ。
海岸線にいるヒグマを必死でさがす。
ヒグマか?!と思ったら鹿だったり。

とうとう見つけた!
でも遠いよ。大きな船だから、あまり近くには寄って行けないんだな。相泊からの小さな漁船に乗ると、もっと近くまで寄ってくれるんだな。

乗客全員が右側に寄って、船が傾いた。



確かにいた。遠すぎるよ・・・



まあ、1頭でも見つけたから、勘弁してやろう。
次回は相泊だ! 倍の10000円払うと、倍の大きさのヒグマが見れるんだ・・・





連泊なので、2日続きのバイキング。
同じものが並んでる・・・?!
私はカニばっかりほじくってた。ロシア産の冷凍と知りながら。

さあ、明日午後から、台風が来るぞ!
どうする?!



ブ ログランキングに参加しています。 
下の手織りのマークをポチッとクリックしていただけたらうれしいな♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿