えちまにはかた

2018/07/04

カッコ―とモズ

 河内長野荘。なかなかいい宿だった。平日で温泉は貸し切り状態。
食事もおいしかった。
母は夜中に何度も起きて、うろうろ歩き回ったり、歌を歌ったり・・・
かと思えば、早朝から一人で温泉に行ってちゃんと部屋まで帰って来るし。
食事も、私たちが満腹になってしんどいような量を、同じようにぺロリと食べる。

あれは、まだ生きるな・・・なんてことをゆう嫁もなかなかおらんよな。


昼頃帰っても、急ぎの用もなく。ダラダラゆっくり。

ま、ミシンかけでもするか。

おとなしめだけど。
このデザインも私が縫うのかな。


どの生地でどんなデザインを・・・
これを考えるのが大変。生地の長さも色々。幅もいろいろ。
これ、ほんまに大変なんよ・・・


治道トマト。とにかくおいしい。
コープで毎週買う。
なのに、この季節トマトをいただくことも。

トマトそうめん。
厳密には半田麺なんだけど。
湯むきしたトマトいっぱい。
シーチキン缶。オリーブオイル。バジルをちょこっと。
ホウレンソウは色合いに。

そいで、そうめんつゆをぶっかける。
トマトジュースとそうめんつゆ、もいいらしい。

簡単でおいしいよ。






ところで、毎日鳥の写真を見てるんだけど、

悪い奴のお話。
これ、カッコ―。

森を歩いてると、よく声を聴く。いい声で気持ちいい。


これ、ホトトギス。


こいつら、悪いよ。
托卵とゆう。 文字通り卵を托す。

こいつら、他の鳥(モズとかヨシキリとか)の巣に卵を産み付けるんやって。

私は勘違いしてた。他の鳥の巣の卵を落として、そこに卵を持ってくるのかと・・・。

ほんで、かえったヒナが、元のモズの卵を落とすんやって。
ヒナのくせに、卵の時に、親にそうしろ、って言われるのか・・・
そんなやつろくなオトナにならんぞ。

自分のヒナが先に産まれるように、産み付ける親鳥もすごい・・・
ほんで、モズは知らずにカッコ―のヒナを育てるのか・・・

でも、モズはアホか・・・
卵をいくつ産んだのか知らんのか。増えてるってわからんのか。
巣に戻った時、下に卵落ちて割れてる、とか思わんのか。
かえったヒナが自分の子じゃないってわからんのか・・・



人間でもずるい奴っているもんだ・・・ぼうっとして、だまされるやつっているもんだ・・・

私はどっちにもなりたくない。



あ、東京の先生から電話があった。
ベストが届いたと。とても喜んで。声は元気そうだった。
少しでも回復するように祈ってほしいと。

はい。お祈りします。





ブログランキングに参加しています。 
下の手織りのマークをポチッとクリックしていただけたらうれしいな♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿