えちまにはかた

2019/01/09

枕崎~稚内列車旅 第2弾 月岡から象潟

月岡温泉の宿。
いい宿なんだけど。寒い。
寝室も別。窓際にはコタツもある。

でも寒過ぎて窓際には近寄れない。
トイレや洗面の寒いこと。うちも以前はこうだった。

今はちがうよ。家中どこでも同じ温度。それが当たり前だと思ってた。
そうじゃないんだ。ありがたいことなんだ。
それでいて電気代5000円要らない。

モコのミッチー社長、ほんまにありがと。
モコハウスを選んだ息子に感謝。
そんな息子に育てた私がエラかった?!
いえいえ、失礼。息子は勝手に育った・・・


朝から雪なのに、月岡散歩。




源泉。飲んでみると苦いよ。




朝から温泉に浸かって宿を出る。
豊栄までのシャトルバスに乗る。25分かかった。タクシーなら4000円はいったなあ。

豊栄10:04村上行きに乗る。
2両ワンマンカー、セミクロスシート。

雪景色を見ながらぼうっとしてるのがいい。
本持ってきてるけど、読んでない。

10:54村上乗換。2時間近くある。
駅前の観光案内所。町屋巡りを勧めてくれる。




とにかく、雪のある所を歩くのはこわい。滑らないように恐る恐る。
アイゼン持ってるけど、そんなの付けてる人いないもん。




村上なんて、なんにもないとこだ。強いて言えば鮭かな。

そこらのそば屋でランチして駅に戻る。3キロ以上は歩いた。
列車旅では運動不足。ちょうどいい散歩だ。



村上駅。秋田行きの特急。キレイなピンクやなあ。
これに乗れば秋田まであっとゆう間に着く。
いやいや、鈍行に乗りたいのだ。



13:47酒田行きに乗る。ガラガラだ。うれしい。2時間半乗っていられる。
今日は平常運転だ。降ろされることはないはず。




出発して5分もたたないうちに海に出た。
これからずっと日本海沿いだ。




海はけっこう荒れてる。
月岡ではあんなに雪があったのに、海沿いは雪が少ない。
移り変わりをみているのが楽しい。

あれ、いつの間にか山形に入ったようだ。
どんよりしている。夕陽は見えそうにないな。




鶴岡通過。ちょっとした町だ。 

村上を出てから、町らしい町はなかった。
乗ってくる人もいない。降りる人もいなかった。

北から来る貨物列車が遅れてるらしい。単線だから待つしかない。
酒田の乗換に間に合うんだろな。



酒田乗換。16:30秋田行きに乗る。

鳥海山が見えるはず。暗くなって見えないのか。曇って見えないのか。いや、天気が悪くて見えないんだ。
鳥海山、見たい、登りたい…




17:11象潟下車。今日はここまで。
宿の迎えの車に乗る。



今日のお宿は、象潟さんねむ温泉。
秋田人ムサパパのおすすめ。
「さんねむ」の「さん」は太陽。夕陽がきれいに見えるから。
「ねむ」はねむの木があるから。なるほど。
でも、今日は夕陽は見えないな。残念。

太陽って毎日必ず沈むのに、きれいな夕陽ってなかなか見れないもんだ。


ここもなかなかのお宿。13500円ハナマル!


アワビのバター焼き。
わあっ、生きてるよ~動いてるよ~!


2日も続けて、こんな宿に泊まった。あかんなぁ。食べすぎや~。

こうして列車旅三日目も無事終了。
列車に乗るのって、飽きないよ~!

明日は秋田から青森に入る。




ブログうれしいランキングに参加しています。 
下の手織りのマークをポチッとクリックしていただけたらうれしいな♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿