えちまにはかた

2018/11/08

おいしいもの食べた一日

 今日は川西までお出かけ。
8月に大学の恩師が亡くなった。奥様が残された。
東京にお住まいだが、年に何度か川西の家に戻って来られる。
こちらの家は処分されるらしい。片づけないと・・・お手伝いに。

と、お市とふたりで出かけたが・・・
結局、デパ地下のおいしいランチ持参で行って、おしゃべりしただけだった。

まだまだ、なにもかも処分する気にはなれないようで・・・
それを、あれも捨てなさい。これも要らないでしょ・・・とはなかなか言えない。

それにしても近所のスーパーのお惣菜と何が違うのか・・・おいしい。
そら、材料も調味料も、とにかく値段がちがう。

これだけで4000円以上だって。お市ありがとね。

先生が亡くなって2カ月半。年金のこと、保険のこと、相続のこと・・・
大変だ・・・
息子は相続専門の弁護士に育てとくもんだ・・・心強い・・・

うちもゆくゆく相談しよう・・・





先月東京へ行ったとき、ちょっと贅沢なディナーだった。
「おいしかったなあ。あんなんいつも食べてるヒトおるんやなあ」
って私があんまりゆうので、「東京でなくても食べれるよ」とパパ。

結婚記念日のディナーとゆうことで。
鉄板焼きのお店へ。



アワビはアンチョビバターで。



「お写真のご用意はよろしいですか?」
うわあ~っ! レアって言ったのに、焼き過ぎないで~


右隣には、いかにも金持ちそうな70歳ぐらいのご夫婦。
左側には若い男性二人。
「あんたたち、ここでこんな贅沢していいの? 独身? 結婚してるの?」
とか聞きたかった・・・

私が62年生きて、今までに一番贅沢な外食だった。
ごちそうさまでした。おいしかったです。




今日ちょっといい感じで気になったこと。

阪急電車で、私の前に座った老夫婦。
お二人とも80歳は過ぎてると思う。
ペアのスニーカーに、奥様はグレゴリーのリュックに、ご主人はパタゴニアのベスト。
なんかいい感じのご夫婦だった。

山とかお好きなのかな、と。
80歳になった時、こんな風でいたいな、と・・・







ブログランキングに参加しています。 
下の手織りのマークをポチッとクリックしていただけたらうれしいな♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿